娘は、音楽高校に入学するまで『桐朋子供のための音楽教室』に通っていました。

ヴァイオリニストになりたいと娘が言い出すまでは、家の近くのヴァイオリン教室へ通っていました。

娘が3歳のとき、音楽や家にあるピアノに強い興味を示す娘を見て、「楽器を与えてみよう」と思いました。

まず、連れて行ってみたのが、

「スズキメソード」

ちいさなヴァイオリンを先生の手を借りて音を出してもらいました。

とても嬉しそうに弓を動かす娘。その指導法には、とても好感が持てました。

しかし、ネックは自宅から遠かったことと、時間帯が悪かったこと。

次に、行ったのが『桐朋子供のための音楽教室』

指導内容のレベルの高さに驚かされました。

「3歳児から音楽家育成を視野に入れた内容の指導を受けることができる。」

音楽家に育てたいという覚悟ができている親御さんには良いのかも知れない。

しかし、そんなこと全く考えていなかった家庭に、その娘に果たして、

  • 「このレベルについていけるだろうか?」
  • 「音楽を嫌いにならないだろうか?」

そんな思いが過ぎりました。

そう思った時点で、入室するのは妥当ではないと思いました。

それから、ヤマハ音楽教室、個人のピアノ教室を見て回りました。

ピアノをやっていれば、どんな楽器にでも転向しやすいと思ったので評判の良い個人のピアノ教室に通うことになりました。

ピアノが大好きになり、娘は一日中ピアノを弾いていました。

娘が5歳になり、引越しをしました。

家の近くにヴァイオリンを演奏される方が住んでいました。

ピアノも辞めたくないがヴァイオリンをどうしても始めたいという娘。

連日の懇願に負け、ヴァイオリンを始めることになりました。

始めた当初は、ピアノ9割ヴァイオリン1割の練習量でしたが、3年生になる頃には、ヴァイオリンの方が面白くなり練習の比率が逆転しました。

4年生なり、コンクールに出るレベルの上手なお子さんを見て、もっと上手くなりたいという欲が出てきました。

「ヴァイオリニストになりたいと」言い出しました。

音楽がいかに厳しいかを連日話して聞かせました。

それでも、意志が変わらない娘の思いを確認し、親子でいばらの道を進む覚悟を決めました。

まず、音楽高校へ行きたいとヴァイオリンの先生に伝えました。

「目指すのであれば、桐朋子供のための音楽教室へ入室した方がいい」とのアドバイスから桐朋子供のための音楽教室へ入室準備をはじめ
5年生から「桐朋子供のための音楽教室」へ入室することができました。

先生の前でヴァイオリンを弾き最初に言われたことは、お稽古で弾くならそれでもいい。でも、ここに来たのならその弾き方では不十分です」

  • 「楽譜に書いてあることはすべてやること」
  • 「音符の長さがいい加減」
  • 「弓の使い方にクセがある」
  • 「何を聴き手に伝えたいのか」

3歳の頃に、『桐朋子供のための音楽教室』に物怖じして入室をあきらめたのに再び、ここでお世話になることになるとは・・・・

『桐朋子供のための音楽教室』へ来て、娘のヴァイオリンの練習に対する姿勢がガラリと変わりました。

遠回りで合ったかもしれません。でも、もし覚悟がないまま、入室していたら

ヴァイオリニストになりたいといっただろうか?

途中で辞めていたりしなかっただろうか?

娘にとっては回り道をした分、ヴァイオリンに対する重いが深くなったのだと思います。

受験勉強、音楽の習い事、スポーツの習い事すべてに共通すると思うのですが、こどもの思いよりも親の思いが強く、習い事や塾への姿勢を強いるような形になってしまった場合、子供がつぶれてしまう可能性が大きいような気がします。

親ができることは、子供が夢中になるものを見つけ環境を整えること。

その歯車が上手くかみ合ったとき子供は伸びます。才能を開花することもあるかもしれません。

通信教育をタイプ別に選ぶ!

  • 学校の勉強が物足りない人に
    Z会の通信教育
    考える力・粘り強くやり抜く力をつけたい。難関大学を視野に入れた学力をつけたい人向け

  • 勉強もっと頑張りたい人に!
    月間ポピー
    進研ゼミは物足りない。リーズナブルな価格の学習教材で真の学力をつけたい人向け

  • ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

    楽しみながら学びたい人に!
    進研ゼミ
    学校の勉強に落ちこぼれたくない。漫画やイラストで楽しく学びたい人向け。