息子は植物に興味がなく、中学受験では植物の分野がとても苦手で苦労しました。

理科は、植物の分野になると極端に点数が悪い、偏差値が低くなる。

6年では、繰り返し植物の分野が出てくるのでいつか覚えるだろうと甘く考えていましたが、覚えてもすぐに忘れるという繰り返し。

6年の夏になり、なんとかしないと手遅れになると対策を緊急に考えました。

なぜ、覚えても忘れるのか分析しました。

  • 植物を教科書でしか見ていない。
  • 植物に興味が全くない。
  • 苦手意識を強く持ってしまった。

このような理由が考えられました。

そこで、テキストや今までのテストに出てきた植物を書き出しました。

その植物の写真を図鑑やインターネットで集めカラーコピーして名前と植物の姿を一致させるようにしました。

画用紙に植物の名前とコピーした写真を貼っていきました。

ある日、家族で木場公園へ行く機会がありました。

その時、木々や植物に植物の名前が記されているのを目にしました。

植物の名前、特徴をひと目で知ることができます。

小さいころから外で遊び本物を見て知って育つことをしていればと思いましたが、この木場公園でのたった一日の体験でも植物を深く学習することに大いに役立ちました。

事前に写真を見て植物を覚えたことの相乗効果かそれから記憶を定着させることができました。

都立、県立等の大きな公園で本物を見て覚えるというのはとても効果があります。

勉強の気晴らしにもなりますので休みの日に思い切って出かけてみることをおすすめします。

植物の名前を覚えたことで植物の特徴、種類などが整理して楽に覚えられるようになりました。

裸子植物、被子植物、アブラナ科、単子生類、無胚乳種子・・・

これらの言葉と植物が現物を見ることで頭の中に言葉でなく図とイメージでようやく整理されました。

整理されたことで理解して覚えられたようです。

画用紙に植物のコピーを貼り付けたものは夏休み前から少しづつやりました。

夏休みの自由研究として提出することができたので夏休みには勉強のほかに自由研究をするということにならなかったので夏休みは受験勉強に集中することができました。

植物にかかわらず、誰でも暗記分野での苦手な箇所は夏休み前から取り組み定着させると中学受験後半が楽になります。

息子は、12月になり再び暗記分野で苦手な箇所を徹底して毎晩、受験前日まで取り組みました。

植物の細かいところは忘れ易いので特に行いました。

最終的には細かいところまで暗記出来たとことで、暗記に頼る問題は得点源にすることができました。

苦手分野は早期に見つけ出し克服しましょう。

植物は、本物を見ることが一番で絵として頭に入ると理解が早くなることを実感しました。

息子が受験間際に特に役に立った暗記に役立つ参考書

カードで合格理科植物・動物―国立・私立中学受験 (カードで合格 新版5)

カードで合格
理科植物・動物―国立・私立中学受験

ミシン目で切り取り付属のリングで閉じるとカードになります。

付属の赤いフィルターを使って暗記カードとして暗記項目を一人で覚えることができます。

息子は、入試会場まで持って行き試験のギリギリまで見ていました。

天体の分野のカードも持っていて、直前に見ていた金星ところが試験に出たと喜んでいました。

※記事掲載後、友人が植物を覚えるのに最適な
中学受験向け植物図鑑を教えてくれました

入試に出る植物図鑑―暗記はこれだけ! (Z会中学受験シリーズ)

内容についてはこちらで詳しく紹介しています
【関連記事】【中学受験】苦手克服最適図鑑

 

通信教育をタイプ別に選ぶ!

  • 学校の勉強が物足りない人に
    Z会の通信教育
    考える力・粘り強くやり抜く力をつけたい。難関大学を視野に入れた学力をつけたい人向け

  • 勉強もっと頑張りたい人に!
    月間ポピー
    進研ゼミは物足りない。リーズナブルな価格の学習教材で真の学力をつけたい人向け

  • ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

    楽しみながら学びたい人に!
    進研ゼミ
    学校の勉強に落ちこぼれたくない。漫画やイラストで楽しく学びたい人向け。