「チャレンジタッチ」と「スマイルゼミ」タブレット型通信教育ならどっちがおすすめ?

タブレットで学ぶ通信教育が注目されています。

進研ゼミの「チャレンジタッチ」がジャストシステムの「スマイルゼミ」か悩む人は多いようですね。

進研ゼミの「チャレンジタッチ」は、遊びの要素も多く、勉強を好きになる導入にはなると思いますが勉強ができるようになる子供をさらに引き伸ばすことができるかといえば物足りなさを感じます。

勉強ができるようにしたい、子供の可能性を伸ばしたい

というのであれば、Z会はおすすめです。

人気の中学受験コースは、映像授業も受講できます。中学受験を視野に入れている方は、「Z会」の方がいいかもしれませんね。

スマイルゼミがおすすめな人、チャレンジタッチがおすすめな人

[st-mybox title=”スマイルゼミ” fontawesome=”fa fa-paperclip” color=”#FFA000″ bordercolor=”#FFA000″ bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold”]

タブレットを使って楽しみながら学力を高めたい

[/st-mybox]

というのであれば、スマイルゼミがおすすめです。

[st-mybox title=”進研ゼミ” fontawesome=”fa fa-paperclip” color=”#FFA000″ bordercolor=”#FFA000″ bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold”]

勉強に興味を持ってもらいたい
楽しみながら学校の勉強についていける程度で十分

[/st-mybox]

というのであれば進研ゼミ小学講座のチャレンジタッチが良いと思います。

チャレンジタッチは、学年別の無料体験セットがもらえます。教材の他、チャレンジタッチが映像体験できるDVDのセットです。

タブレットでの学習がどのようなものか知りたい方は無料体験できるこの機会に一度試してみるといいと思います。

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

チャレンジタッチとスマイルゼミとの違い

◇学習量◇

■チャレンジタッチ
・毎月約20回 1回10分

■スマイルゼミ
・毎月約24回 1回15分

◇英語教育◇

■チャレンジタッチ
・5年生までは年数回(5年生:毎月)

■スマイルゼミ
・毎月
プレミアム(有料)においては英検取得を目指せる内容

◇タブレット◇

■チャレンジタッチ
・学習のみインターネットは出来ない
(退会後用途がない。)

■スマイルゼミ
・保護者の管理の元、インターネット利用可
(退会後も通常のタブレットとして利用可)

◇その他特徴◇

■チャレンジタッチ
・赤ペン先生の添削あり(年3回)

■スマイルゼミ
・朝日新聞の記事がタブレットに配信
※約2週間分の記事から厳選したものを、毎月(月2回)
・漢字ドリルが漢字検定対応