中学受験

中学受験 国語苦手克服法

更新日:

「中学受験で国語が苦手で勉強の仕方がわからない。」

「国語を得意にするにはどうすればよいか。」

という悩みをお持ちの方が多いと聞きます。

国語は、読書量の少ない子に苦手な子か多いとされています。

しかし、中学受験の勉強も忙しくて読書の苦手な子に読書量を増やすということは、現実的な解決策ではありません。

では、どうすればいいか。

時間があるのならば、4年生の国語からやり直すことをおすすめします。

予習シリーズや、演習問題集、塾のテスト(解答、解説のあるもの)をやってみます。

物語、随筆、論説文などの解き方を解説を読み、繰り返し解いていくとパターンが分かってきます。

6年生になると、4年生の問題からやり直すという時間はありません。

『出口汪の論理エンジン』をおすすめします。

その時間もないという場合は、受験する学校の過去問をひたすら何度も解く。

出題の癖と解答の仕方を徹底的に覚えこむまで解きます。

入試で国語の点数が取れれば、結果よいのです。

記述はパターンを覚えてしまえば、楽に書けるようになってきます。記述で何かかければ点数はもらえます。

国語は急には伸びないとあきらめないで、パターンを覚える学習法に頭を切り替えて見てください。

短い期間でも点数が伸びるはずです。

通信教育をタイプ別に選ぶ!

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

-中学受験

Copyright© できる子の育て方 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.