塾・習い事の選び方

公文式(KUMON)の評判

更新日:

KUMON(公文式) 公文の評判ってどうなの?効果あるの?

掲示板や知恵袋等を見ると、公文の評判が気になる方はとても多いです。

CMなどでも、頻繁に宣伝していますし、街を歩いていても公文の看板など目にすることが多いです。知名度が凄く高いから気になる方も多いのでしょう。

私も子供の頃、公文にお世話になっていました。

公文式は、一斉授業を行わずに、それぞれの生徒の力に合わせた個人別学習スタイルをとっています。

教室に通うのは週2回

時間割はなく自分の好きな時間に行って学習することができます。

教室へ通うわない日は、家庭で宿題となっている教材を学習します。

出される宿題は、子供たちが集中してできる程度のもの。

公文式では、家庭学習を大切にすること

子供たちは自分から積極的に学ぶ習慣が、自然と身につくことを狙いとしています。

公文の先生は、生徒一人ひとりの学習の様子を見守り、学力を確かめ、子供が困っているときはヒントを与え丁寧に教えてくれます。

公文で使用する教材は、A5サイズのプリント

子供たちにちょうどいい学力の程度に作られています。

集中して学習を進められ、確実に力をサイズだそうです。

そして、徐々に問題を難しくしていくことで、無理なく解いていくことができ、どんどん学力が伸びるように工夫されています。

またこの教材は、学力を定着させられるために、自分だけの力で解けるようになっています。

では、実際に公文をやっていた方はどう思っているのでしょう?

3歳のときから息子に公文式をさせ、4年生で中学教材を終了、私立受験のため進学塾に変えましたが、学習形成に公文はかなり役に立ちました。
文章題は要するに国語力が決め手!言葉を数値に変えて解くのが文章題だからです。
子どもの教育方針をしっかり持って、塾は利用すべきです。
お金をかけている分効果はしっかりと頂きましょう。
今は中2。3歳からやってます。算数,国語を小6までやってました。
算数では計算力が身につきました。
常にクラスで1番です。国語では漢字と文章を読み取る力がつきました。
最初は難しくても繰り返しやるうちに力がついてきます。
学年を超えた教材に入ると賞状が貰えて子ども自身もやる気になります。英語は小6から始めたのですが発音が凄くよくなったと自分でも思います。塾と違うのは自分のレベルに合わせてそこから始めていき自分のペースで学習,自分の力で問題を解いていくことです。毎日学習していれば確実に力はつきますよ。
公文も学研も指導者希望者の為の説明会等に行った経験ありの、3人の子持ちです。教室の先生の体験談なども沢山聞きましたが、様は指導者の力量次第!その辺りは学校と同じです。
どちらも指導者によって、子供の伸び方に可也の差が出る様です。近所の教室の評判など、口コミで聞くのが一番かと。
企業理念・方針としては公文が勝っているとは思います。
公文式は繰り返しなので、計算力はつきますが、応用力がつかないという意見を聞きました。
自分も子供の頃やっておりましたが、確かに計算は得意ですが、応用問題は苦手でした。
得意な教科はどんどん進むことができた。苦手だと思った教科も、繰り返したおかげでとても良くできるようになり、中学校であまり勉強しなくても常にトップから3番以内にいます。
学年トップの先輩もやはり公文で学習しています。
基礎がしっかりと付くと、応用力もつきます。何事も基礎です。
知り合いに聞いた話ですが、小学校ではいいけど、中学に入ったとき困ったとか。というのは公文式の算数の考え方と学校で教えるやり方が違っていて、答えは同じでも証明問題が入ってくると間違いにされてしまうそうで。切りかえるのが大変だったそうです。

参考サイト https://www.kingdom.or.jp/から引用させていただきました。

KUMON(公文式)体験者の声
KUMON(公文式)公式ページ

関連記事公文とZ会で日比谷高校合格!



通信教育をタイプ別に選ぶ!

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

-塾・習い事の選び方

Copyright© できる子の育て方 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.