※あの「ドラゼミ」が2020年教育改革に対応した教材内容に生まれ変わります!

中学受験

組み分け・クラス分け必勝法

更新日:

組み分け・クラス分けでクラスアップを狙うにはどうすればいいか。

暗記項目を落とさない。

・国語は漢字と言語要素

・算数は公式

・理科は暗記項目・計算問題の公式

・社会はテスト範囲の内容を理解して暗記

当たり前のことですね。

しかし、この当たり前のことが出来なくて困っているのではないでしょうか。

範囲が多くてどこから手をつけていいかわからない。効率の良い方法がわからない。

では、効率良く勉強するにはどうすればよいか。

塾でもらったプリントや問題集、過去問を利用します。それらの問題をすべて一度やっていきます。

そのとき、わからないところはどんどん飛ばしていきます。

暗記物は悩んでも出来ないので5秒以内でわからなければ飛ばします。そのほかも1分悩み出来なければ飛ばす。

わからなかったところは印をつけます。

・全くわからないところは×
・時間があれば思い出しそうなところは△

社会や理科で記号問題を選択するところは、紙に書かず口頭で親がその都度答えあわせをしてあげると早く終わります。

すべて終わったら答えあわせをします。間違ったとこは赤で直し、解説を見て回答を理解します。

それでもわからないところはテキストで確認します。

暗記しなければならないところは印をつけ後でじっくり暗記します。

最後まで終わったら、再度間違ったところだけやり直します。

答えあわせをし、再び間違えたところを覚えなおします。

翌日間違えた問題だけやります。

テスト前日はあやふやなところと間違った問題のみやります。

算数は、間違えた問題の類題をピックアップしてやります。

満点になるまで同じ問題をやり直します。

問題は、数多くこなしてください。数多くこなすことで、その範囲の重要ポイントが見えてきます。繰り返すことで、重要ポイントを覚えていきます。わからないところを悩まず飛ばすことでたくさんの問題もこなせるはずです。

理科・社会はテキストを読み返し、欄外にある写真、グラフ、細かい項目を覚えます。

グラフは、内容を理解して覚えること。

この方法で学習すると、直前でもある程度点数を稼ぐことが出来ます。

頑張ってください。



通信教育をタイプ別に選ぶ!

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

-中学受験

Copyright© できる子の育て方 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.